インプラントは死ぬまでもつのか

インプラントは死ぬまでもつのかが気になりますが、正直なところ分かる人はどこにもいません。
インプラント治療はまだ歴史が浅いので、充分なデータが得られていないのです。手術を受ける年齢層が高いこともありますが、インプラントは死ぬまで満足のいく役割を果たしているようです。研究者によれば、インプラントの寿命は40年とも50年とも言われています。
インプラント手術とは、失ってしまった歯を取り戻すための治療です。歯科医院はコンビニよりも多いですが、インプラントのできる歯科医院は全体の約2割ほどしかありません。
その中から本当に信頼できる歯医者さんを探すことが大事です。
インプラント治療で真っ先に心配するのが痛みに関することです。金属のねじを顎の骨に埋め込むわけですから、想像を絶する痛みをイメージしがちです。
でも現実には、当然麻酔が効いていますので、せいぜい抜歯と同程度位の痛みしかありません。親知らずを抜くぐらいの痛みしかないんです。
高血圧・糖尿病・心臓疾患・呼吸器疾患などをお持ちの方は、インプラント手術ができない場合があります。もしもインプラントを希望されるのなら、かかりつけのお医者さんとよく相談してから決める必要があります。妊婦の方でインプラントを希望しているなら、赤ちゃんを産んでから日常生活に戻ってからにしましょう。
インプラント治療を受けるのに、年齢制限の上限はありません。逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けられます。
70歳を超えた高齢者もインプラント手術を受けられているようです。
ただ、年齢的には問題はなくても健康状態によっては受けられない場合もあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ