効果は基本的に一生と説明されることが多い

今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ