差し歯では不十分であっても

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ