インプラントは無くなった歯を再

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。
これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。
ですが、難点もあるということに気を付けてください。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。
これは重要な事実です。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。
自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。
これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ