インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつか

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ