現状では、インプラント治療ができる歯科医院

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。
インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。
こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ