典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてく

典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
インプラント ごうだ歯科 口コミ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ