典型的なインプラント治療は、3つの段階に分

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても歯科医院ごとに相当な開きがあります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ