利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。
一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ