歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わ

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。
インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。
確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ