よくいわれるインプラントのメリットですが、

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ