インプラントの技術が確立されてきた現在では

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことのせいといえるでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。
さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。これは重要な事実です。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。
注意してください。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。
こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ